子宮筋腫専門 
「おなかを切らない治療」と
子宮温存を重視します 

おなかを切る手術はしません。
子宮鏡または腹腔鏡による治療で、すべて保険診療です。
約85%が子宮温存手術,約70%は子宮も切らない子宮鏡治療です。
「開腹子宮全摘」と言われても, 子宮温存が可能かもしれません。
「腹腔鏡手術」と言われても, 翌日退院と自然分娩可能な 子宮鏡治療ができるかもしれません。

 

 

初診から退院後まで産婦人科内視鏡学会技術認定医 井上滋夫 が担当。複数の内視鏡技術認定医が手術助手を務めます。
2010年から2016年までの 子宮筋腫内視鏡手術件数1860件2012年以降は 年間 約300件医師ひとりあたりの件数として全国最多です。

完全予約制 初診時にMRIで診断

初診から 完全予約制、紹介状不要です。電話でお問い合わせください。
子宮筋腫の診断には,詳細な3方向のMRI画像が必要です。撮影・診断・治療相談を初診当日に行います。

MRI遠隔相談 

他施設で撮られたMRI画像データがあれば、メールでお答えします。
相談は無料です。

NEWS


手術を行なう産婦人科医の教科書「産婦人科手術スタンダード 日本産婦人科手術学会 編」に「子宮筋腫核出術 子宮鏡下筋腫摘出術」を井上滋夫が執筆しました。